タオルをふわふわに仕上げる洗い方について説明しています!
宅配クリーニング業者徹底比較!【保管サービスあり】
  1. ニオイも予防!タオルをふわふわに仕上げる洗い方

ニオイも予防!タオルをふわふわに仕上げる洗い方

ニオイも予防!タオルをふわふわに仕上げる洗い方

買ったばかりのタオルってふわふわで気持ちいいですよね。でも使ううちにゴワゴワになったりニオイが取れなくなってしまった、という経験はないでしょうか。タオルってそんなものでしょ?と思われるかもしれませんが、実は普段のお洗濯でゴワゴワ・ニオイを抑える方法があるんです。

まずはゴワゴワ・ニオイの原因から見ていきましょう。

一度に洗う洗濯物の量が多い

洗濯がぎゅうぎゅうの状態で洗うと、洗濯機の中で衣類・タオルが擦れてしまい繊維が傷つきゴワゴワの原因に。また、量が多いとすすぎがちゃんとできず洗剤が残ります。洗剤が残ると繊維がふわっと立ち上がるのを邪魔してしまうほか、雑菌も繁殖しやすいのでニオイの原因となります。

乾燥のしすぎ

ふんわりしたタオルは少々水分を含んでいるもの。お日様の下でカラッと乾いたタオルは気持ちいいのですが、長時間放っておくと必要な水分まで蒸発してしまいゴワゴワに。また、脱水のしすぎも水分を飛ばし過ぎてしまいます。

洗濯後濡れたまま放置している

洗濯後、しばらくそのまま放置していたり、洗濯機に入ったままだったりしていませんか?濡れたままの放置は雑菌が繁殖します。雑菌はニオイの原因になるばかりか、繊維を傷つけてゴワゴワの原因にもなるのです。

タオルをふわふわに仕上げるには?

ではこれらの原因を踏まえたうえで、タオルをふわふわに仕上げるお洗濯方法を伝授します!

タオルはネットに入れる

タオル表面には「パイル」と呼ばれるループ状の繊維がたくさん。これが立ち上がっているとタオルがふんわりするんです。しかし他の衣類と擦れるとこのパイルが傷んでつぶれてしまいます。衣類についている金具などに引っかかってしまうこともあるので、できるだけネットに入れて洗いましょう。

洗濯は詰め込まない

一度に洗う洗濯物の量は、洗濯槽の7割程度が目安です。タオルがちゃんと泳ぐようになれば、汚れの他の衣類と擦れるのを防げますし、汚れもしっかり落ちるので雑菌の繁殖を防げます。

洗剤は適量を守る

汚れを落としたいからとついつい多く入れてしまったり、逆に少なくしてしまったりしていませんか?洗剤が多いとすすぎきれずタオルに残ってしまいますし、少なければ少ないで汚れが落ちません。どちらもゴワゴワ・ニオイの原因に。もっとも効果的なのは適量を守ることなのです。

柔軟剤は使わない

ふわふわにしたいから柔軟剤は必須と思われるかもしれませんが、柔軟剤を使うことで吸水性が損なわれたり、パイルが抜けやすくなってしまうというデメリットがあります。

おすすめなのは柔軟剤のかわりにクエン酸を使うこと。生地がふんわりしますし、雑菌の繁殖を抑える作用があるのでニオイ対策もできます。水10Lに対してクエン酸1g(小さじ3分の1程度)が目安です。すすぎのタイミングで入れてみてくださいね。

洗濯が終わったらすぐに干す

雑菌の繁殖を防ぐために、洗濯が終わったらなるべく早く干しましょう。干すとき、バサバサと数回振りさばいてから干すとパイルが立ち上がってくれますよ。また、乾きすぎると必要な水分まで蒸発しまいます。夕方・夜まで家を空けている場合は難しいですが、乾いたら早めに取り込みましょう。

タオルの買い替え時期はどれくらい?

どんなにお洗濯で気をつけていても、タオルは永遠に使えるものではありません。では、タオルの買い替えのタイミングとはどれくらいでしょうか?

よく言われるのは「30回の洗濯で寿命が訪れる」というもの。30回というと、週に2回以上したら3ヵ月くらいしかもたないという計算になります。結構早いです。

ダメになったらどんどん買い替えたって良いのですが、ちょっとエコじゃないですよね。できればタオルは多めにストックしておいて、1枚1枚の使う頻度を減らしてあげると良いでしょう。週1回の洗濯になれば、約半年もつことになります。

また回数以外の買い替え目安としては、洗濯方法に気をつけていてもゴワゴワがとれなくなったり、水を全然吸ってくれなくなったりしたときです。

タオルの買い替え時期はどれくらい?

おすすめ宅配クリーニング業者 BEST3

  • せんたく便はこちら
    せんたく便

    クリーニングの宅配なら安心、丁寧、高品質なクリーニングの「せんたく便」!とにかくコストパフォーマンスでイチオシです。

    詳細はこちら
  • リナビスはこちら
    リナビス

    リナビスは、地域密着のクリーニングサービスのやり方を貫き、会員1万人限定でとにかく丁寧なサービスを行っています。

    詳細はこちら
  • ネクシー
    ネクシー

    ネクシーは、衣類の受け取りから梱包までクリーニングのプロが責任を持って行い、衣類を1点ずつ丁寧に仕上げています。

    詳細はこちら

ページのトップへ