宅配クリーニングに出す前にチェックしておくこと
宅配クリーニング業者徹底比較!【保管サービスあり】
  1. 宅配クリーニングに出す前にチェックしておくこと

宅配クリーニングに出す前にチェックしておくこと

宅配クリーニングに出す前にチェックしておくこと

宅配クリーニングに出す前に確認しておくこと

ではいよいよ宅配クリーニングを実際に利用してみよう、となったところで、洗濯物をまとめる前にしておいた方がいいことをお話ししますね。ここで説明していることをクリーニングに出す前にチェックしておくだけでも、宅配クリーニング利用時のトラブルはかなり防止できるはずです。 何事もまずは準備から!念には念を入れて宅配クリーニングをうまく使っていきましょう。

依頼する業者はどんなところかしっかりチェック!

どんな店舗、あるいはサービスでも言えることですが、それぞれの会社や業者にはウリにしているものがありますよね。得意分野、言い換えれば「これだけは他社には絶対に負けない!」と胸を張って言えるような技術などです。 これはやはりクリーニングも同じで、受付時間が長いことをアピールする店舗もあれば、朝預けて夕方返却などのスピードクリーニングを押し出している店舗もあります。中にはシミ抜きを専門に扱う業者もありますね。 こういった特徴を知らないまま、なんとなく利用する業者を選んでしまうと「期待していたものと違った」と落胆することになってしまうかもしれません。宅配クリーニング業者でいうなら、クリーニングの方法はどんなものか、コストパフォーマンスはどうか、保管時の環境は整えられているのか、オプションはどんな種類があるのか、そして最もウリにしているのは何なのかを把握することが大事です。 ウリにしているものと自分のニーズが合ったならきっと有意義に利用ができますよね。

衣類のチェックも入念に!

宅配クリーニングに出す際、実店舗に頼むとき以上に気にしておきたいのが衣類のチェックです。 ジャンパーやジーンズのポケットにうっかり電子機器を入れて忘れてしまったりすると悲惨ですよ。昔、子どもがiPodをお尻のポケットに入れたままだったのを気づかずに洗ってしまったことがあって、だいぶ八つ当たりされたことがありました。ほかにもこういったトラブルは起こり得ますよね。ティッシュやハンカチが入れっぱなしなんてザラですし、ボールペンが入っていたりしたら別の洋服にインクが付いてしまうかもしれません。 こうしたトラブルを防ぐためにも、宅配クリーニングに出す洗濯物をまとめる前にポケットの中は確認しておくと安全です。スーツの内ポケットなんかも案外見落としますよ。 また、ボタンがなくなっていたり、ほつれが起こっている箇所があるなら、メモを入れるなどしておくことをおすすめします。「せんたく便」にはほつれを示すためのシールもありますから、そういったものを利用してみましょう。

衣類のチェックも入念に!

シミがある場合はしっかり伝えること!

先ほど触れたシール、シミの箇所を業者の方に伝えることにも使えます。シミがある部分を知らせなくても検品時に見つかればシミ抜きをしてくれる業者もありますが、「ここはできれば落として欲しい」という意思表示をしておけばお互いに見落としが防げますよね。 実店舗に持ち込む際には「このシミが気になるんですけど…」といったことが言えますが、対面でない宅配クリーニングだからこそ意思疎通の意識を持つことは欠かせないと思います。

おすすめ宅配クリーニング業者 BEST3

  • せんたく便はこちら
    せんたく便

    クリーニングの宅配なら安心、丁寧、高品質なクリーニングの「せんたく便」!とにかくコストパフォーマンスでイチオシです。

    詳細はこちら
  • リナビスはこちら
    リナビス

    リナビスは、地域密着のクリーニングサービスのやり方を貫き、会員1万人限定でとにかく丁寧なサービスを行っています。

    詳細はこちら
  • ネクシー
    ネクシー

    ネクシーは、衣類の受け取りから梱包までクリーニングのプロが責任を持って行い、衣類を1点ずつ丁寧に仕上げています。

    詳細はこちら

ページのトップへ